co2.gif

社内コミュニケーション改善

Communication.jpg

会社は個人の相互作用

会社は個人が担当する役割の「相互作用」によって成り立っています。その為、チームプレーが欠かせません。にもかかわらず、社内コミュニケーションに何らかの課題を感じているとしたら、それは、売上に直結した「業務の障害」になっています。コミュニケーションが円滑になれば、業務効率化や生産性向上につながります。さらに、社内で良い人間関係が構築できれば、社員のやる気や満足度も向上する可能性があります。

コミュニケーション改善で得られる4つの効果

c2.gif

離職率の低下

離職の最も多い理由は、人間関係の悪さです。コミュニケーションが活発になれば、相互理解が深まります。

情報共有の活性化

ミスや違和感を言いやすいと、大きな問題になる前に防げたり、知識の共有もやりやすくなります。

目的の共有

全体から見た自分の役割が理解できると、他者と連携しやすくなります。

生産性の向上

社内で空気を読み合う必要が無くなるので、業務に集中できるようになります。

c3.gif

社内コミュニケーションのスポット研修

※全1回

アンコンシャスバイアス研修

※全1回

1on1導入研修

※全2回

4mb3.gif

詳しくは、お問合せください。

c4.gif

外部メンターとして、
管理職や従業員にコーチング

※継続またはスポット利用どちらも可能です。

※対面・オンラインどちらも可能です。

4mb3.gif

詳しくは、お問合せください。

top5.gif

ジャミラでは業種・業態に関わらず、ご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。